読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステークホルダー関与レベル

PMP

分析技法

 

不認識

抵抗

中立

支持

指導

コンフリクト・マネジメント

PMP

コンフリクトの5つの対処方法

撤退/回避:逃げる、先送り。

強制/指示:押し付ける。

鎮静/適応:合意できる部分を強調。再発しやすい。

妥協/和解:譲り合う、折り合いがつく。

問題解決(対峙)/協力:異なる観点や意見。win-win。最良。

 

 

〈チーム形成5段階〉タックマン・モデル

PMP

成立期:孤立

動乱期:対立、非生産的

安定期:信頼し始める

遂行期:最もパフォーマンスが高い

解散期:

 

※5段階あって真ん中が、安定期である。

コミュニケーション・チャネル数

PMP

n(n-1)/2

 

nはステークホルダー

FPIFの支払額

PMP

フィー=目標フィー+(目標コスト−実コスト)×納入者の分担率

 

フィーに実コストを足せば支払額となる。

 

支払額=実コスト+目標フィー+(目標コスト−実コスト)×納入者の分担率

 

PTA(配分転換点)を求める→支払額を上限価格とし、実コストをPTAと見立てxとすれば計算できる。

 

※目標コスト=目標価格−目標フィー

知識エリアとプロセス群

PMP

必ず、

どの知識エリアの

どのプロセス群の

ことなのかを意識する。

→おのずと、プロセスまで明確になる。

 

47プロセスの概要と主要なアウトプットを覚えること!

あーんど・ばりゅー

PMP

・生み出した、価値

・完了した作業に対する予算コスト

 

出来高

 

実際に掛かったコストは関係ない。

実コストはAC。