gblog

gememo

〈チーム形成5段階〉タックマン・モデル

PMP

成立期:孤立 動乱期:対立、非生産的 安定期:信頼し始める 遂行期:最もパフォーマンスが高い 解散期: ※5段階あって真ん中が、安定期である。

コミュニケーション・チャネル数

PMP

n(n-1)/2 nはステークホルダー数

FPIFの支払額

PMP

フィー=目標フィー+(目標コスト−実コスト)×納入者の分担率 フィーに実コストを足せば支払額となる。 支払額=実コスト+目標フィー+(目標コスト−実コスト)×納入者の分担率 PTA(配分転換点)を求める→支払額を上限価格とし、実コストをPTAと見立てxと…

知識エリアとプロセス群

PMP

必ず、 どの知識エリアの どのプロセス群の ことなのかを意識する。 →おのずと、プロセスまで明確になる。 47プロセスの概要と主要なアウトプットを覚えること!

あーんど・ばりゅー

PMP

・生み出した、価値 ・完了した作業に対する予算コスト →出来高 実際に掛かったコストは関係ない。 実コストはAC。

公式

PMP

をまとめる EVM コミュニケーション・チャネル フィー PERT ※どこのプロセスかを必ず意識すること!!

CPM

PMP

①フロート=トータル・フロート=スラック ②フリー・フロート ①全体スケジュールには影響しないが、後続アクティビティには影響する。 LS-ES or LF-EF ②後続アクティビティに影響しない。 後続のES - 当該のEF

やらねばリスト

PMP

EVMの計算 クリティカルパスからのフロート算出 〜法

投稿してみる